自然素材

経年変化の味わい深さ

日本は昔から自然に親しんできた文化が今なお脈々と流れています。 それは藍によって染められた服や、漆の食器など。 この素晴らしい文化が、経済の発展に伴い形を変えたのが家になるのではないでしようか。 いつしか、30年しか持ちこたえられない家作りになってしまい、国土交通省によって長期優良住宅の推進がはじまりました。 これは、自然素材の回帰へのきっかけになるのではないかと思います。 今までの消費されて当たり前的な住宅を見直し、欧米の住宅のように100年以上耐えることができる住宅作りがこれから大切になっていくでしょう。 これを実現させるのは自然素材を使った住宅になります。 例えば藍染めの作務衣などは、時が経つにつれ味わいのある色へと変わっていくように、自然素材を使った家もまた味わいを増していきます。

自然素材を使う利点は

自然素材を使うと、シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドなどの化学物質とは無縁なので、安心して住む事ができます。 そして何よりも国産の天然木を利用するため、海外から輸入する必要も無い訳で地球への環境破壊にも繋がりません。 家の天敵でもあるカビやシロアリに対しても強く、必然的に住宅の耐久性は向上します。 地震や日本の独特な気候についても、国産の木を使っているため強くそして快適だと言えるでしょう。 デメリットは天然木材を使用すると、床の反り返りや柱などのひび割れが生じることもあります。 それから木が呼吸する分、扉に隙間ができたりします。 しかし、これが味わい深いものになっていくのが自然素材の魅力とも言えます。